会長の挨拶

 同窓会会員の皆様におかれましては益々ご清栄にて、ご活躍のこととお喜び申し上げます。また、日頃は母校への思いや同窓生との交流などを通じて、当会の活動・運営に関しましてご助言・ご協力賜りまして誠にありがとうございます。さて、母校も昭和38年4月に静岡県自動車工業高等学校として開校以来、今日までに19,000人有余の同窓生が瀬名の地から巣立ち、国内外のあらゆる分野で活躍をされています。この間、昭和55年に現在の静岡北高等学校に校名を変更するなど幾多の変遷がありましたが、常に時流を見定め順応した教育活動を展開推進され、その教育環境に相応しい施設・設備等が関係者の皆様のご尽力により整備され、日々、教育現場では活気に満ち溢れ心身ともに育んでいる光景を目にします。

静岡北高等学校同窓会 会長 平井一史静岡北高等学校同窓会
会長 平井 一史

これら母校の発展は私たち卒業生にとって誠に喜ばしいことであり、同時に同窓会は心の故郷であり人生のバックボーンでもあります。私たち同窓会は、過ごした時間はそれぞれ違いますが、同じ学舎で青春を謳歌した者同士が一致団結して、母校の良きパートナーとなって在校生の学校生活及び課外活動、及び環境整備に必要なサポート活動を通じて、同窓会員の思いとメッセージを感じていただくと同時に、在校生の皆さんには多くのことを吸収して頂き、豊かな人間形成のお手伝いの一端ができればと思っています。

今後、社会環境の変貌とともに、学校教育の在り方も大きく変化している昨今、母校の更なる発展・飛躍には会員一人ひとりの母校に対する愛情と物心両面にわたる支援・協力のご理解をお願いします。

母校のより発展することを願いながら会員同士の連携と信頼の絆を深め、このホーム・ページが会員の皆様に親しまれ情報交換の場になると同時に、同窓会活動の活性化になればと期待しています。

最後に母校の益々の発展と、同窓会会員皆様方のご活躍をお祈りしてご挨拶といたします。

ページの先頭へ ▲